めし屋 仙瑞

カテゴリ

お問い合せメールフォーム

検索フォーム

お酒はゆる〜く楽しく、のんびりと。

  • Post on 2016.02.15 12:00
  • Categry : 土鍋日記
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2016021512075184f.jpeg
先週、チーム仙瑞のソムリエと唎酒師がそれぞれお酒のイベントに参加致しましたので、その様子をお届けします。
まずは「クラフトサケジャパン」@六本木ヒルズアリーナです。

見よ!この参加蔵ラインナップ!
20160215120420196.jpeg
普段とても手に入りにくい蔵も多数参加しています。
元サッカー選手中田英寿氏が先頭に立って開催したイベントということもあり、とてつもない規模でした。

が、実際行ってみると、良い感じでゆる〜く楽しめる会場でした。
とても寒い日でしたが当日は「燗酒マスターズ」。温かいお酒が飲めてチョット助かりました。
ほんわか〜。

201602151207403f7.jpeg
20160215120727545.jpeg

ということで、さっそく。
20160215120317fc5.jpeg
2016021511590951e.jpeg
20160215120450991.jpeg
各蔵とも3種類ずつ燗酒を用意していて、試してみたいお酒を選んで飲ませて頂くシステムです。
あまり飲んだことのない「木桶仕込み」をチョイス。隣の純米吟醸と飲み比べです。
この後いくつかお酒を試しまたが、やはり酒を美味しくする「温度」があるなぁと勉強になりました。しばらくは燗温度の研究にハマってみたいと思います。

下の写真は獺祭の精米歩合の違いによる米の大きさ比較。
23%精米後のお米は、まるでビーズアクセサリーを思わせる小ささでした。
お酒用のお米は、米の中心に「心白」と呼ばれる甘みと香りの部分があります。お米を削れば削るほど心白が現れ、香りの甘みのあるお酒を作ることができます。
精米歩合23%とは、玄米を100%とすると「77%削りました」ということ。フルーティーなお酒が好みの方は、精米歩合50%以下をひとつの目安としてお酒を選ぶのも手です。


もちろん、お酒を美味しくしてくれるお料理も!打線爆発!!
冬の野外はとても寒く、あったかい料理が心身に染みました。

20160215120552883.jpeg
201602151205402e1.jpeg
201602151205185a9.jpeg
201602151204077f9.jpeg
20160215120356607.jpeg
20160215120345835.jpeg


楽しい時間は矢のごとし。
あっという間にこんな時間です。
201602151204374fb.jpeg

第二回目の開催が待たれます。
次回は新潟の蔵もたくさん招待してください!!



スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://senzui223.blog.fc2.com/tb.php/55-6cbf4691

△ Move to top of this page